シミ取りクリーム

 

日焼け止めはノンケミカルのものを

 

皆さんは日焼け止めをちゃんと選んで買っていますか。

 

ひょっとして、「ドラッグストアで安売りしていたから」とか、「テレビのCMで見て、印象に残っていたから」といった理由で選んでいませんか?

 

ちゃんと成分を見ましょう。お肌への負担の大きいものが配合されている場合があります。また、効果の強力なものほど、お肌への負担になります。「紫外線は防いでも、こんどは肌荒れやアレルギーの原因になる」なんてこともあります。

 

特に注意が必要なのは、「紫外線吸収剤」です。

 

これは化学合成で作られた成分です。

 

紫外線が当たると、いったんは吸収し、紫外線のエネルギーは熱に変えます。

 

これでお肌へ紫外線が差し込むことを防ぎます。

 

が、この際、自身は化学変化を起こします。元とは違う物質になるのです。この中にお肌への刺激になったり、ダメージを与えるものがあるのです。

 

なるべくならば、この紫外線吸収剤を使っていないものを選んだ方がいいでしょう。

 

もう一種類、「紫外線散乱剤」と呼ばれるような成分もあります。

 

これはお肌の上で紫外線を跳ね返します。「吸収剤よりもはるかに安全性が高い」とされています。が、皮脂を吸い取ってしまって、お肌の乾燥の原因になることがあります。

 

また、「ウオータープルーフ」なんてタイプはちょっと使ってみたくなるでしょう。

 

が、「落ちにくい」というのは、クレンジングや洗顔の時も同じです。この際にお肌のダメージになる可能性があります。特別な時以外は使わない方がいいでしょう。